うつ克服

抗うつ薬の副作用を知っておく|うつ克服

 

うつ克服のために服用する抗うつ薬で、副作用が出た時には
うまく乗り切れるように主治医と相談しましょう。
むやみに怖がる必要はありません。

 

抗うつ薬だけに頼らずにうつを克服する方法はこちら

 

副作用を正しく理解する

 

新しい抗うつ薬ほど、安全性は高くなっていますが
副作用が全然無いというわけではありません。
どんな薬にも副作用は存在します。
「副作用がイヤ。副作用が怖い。」という理由で
途中で薬をやめてしまうことがないように
抗うつ薬の副作用を理解しておくことが大切です。

 

それぞれの抗うつ薬の副作用

 

三環系抗うつ薬

口の渇き、便秘、眠気、ふらつき、排尿困難、眼圧の上昇など。

 

大量に服用すると心配停止の危険があるため、自殺願望のある人への
投与は注意が必要です。

 

三環系抗うつ薬の副作用は、抗うつ薬がセロトニンやノルアドレナリンに働きかけるとき、
うつ状態に関係ないアセチルコリンやアドレナリンなどの分泌に影響するために生じます。
これを抗うつ薬の「抗コリン作用」と呼びます。

 

四環系抗うつ薬

口の渇き、眠気など。

 

三環系抗うつ薬に比べて副作用は少なく、特にマプロチリン、ミアンセリン、セチプチリン(ともに一般名)
については、抗コリン作用はかなり少なくなっています。

 

SSRI・SNRI

吐き気、不安、焦燥感、眠気など。

 

三環系、四環系に比べはるかに副作用は少なくなっていますが
服用後3日目くらいに吐き気がひどくなることがあり
その後は少しずつ軽くなっていきます。
不安、焦燥感、眠気は、飲み始めの頃に現れたりしますが
これも1週間くらいで治まります。

 

このような副作用は、うつ症状を克服する効果が現れる前に出ることが多く
しばらくの間我慢しなければならないこともあります。
しかし、ずっと続くことはまれなので、副作用が現れたら
主治医とよく相談して、服薬に対する不安をなくすことが
うつ病克服のためには重要です。

 

抗うつ薬だけに頼らずにうつを克服する方法はこちら

 

抗うつ薬の副作用

 

副作用が強い  三環系抗うつ薬 クロミプラミン、アミトリプチリン、ノルトリプチリン、アモキサピンなど

↓   ■主な副作用■ 口の渇き、便秘、眠気、ふらつき、排尿困難、眼圧上昇など

↓       四環系抗うつ薬 マプロチリン、ミアンセリン、セチプチリンなど

副作用が弱い  SSRI フルボキサミン、パロキセチン
            SNRI ミルナシプラン

 

    ■主な副作用■ 吐き気、下痢、食欲低下などの胃腸障害。飲み始めの頃の不安・焦燥感など。
            男性の場合、SNRIの服用により、尿が出にくいと感じることも。