抗うつ薬種類一覧 うつ克服

抗うつ薬の種類一覧|うつ克服法

抗うつ薬は、その誕生から3世代をかけて新しいものが開発され
より副作用の少ない安全性の高い薬が使われるようになりました。

 

抗うつ薬だけに頼らずにうつを克服する方法はこちら

 

三環系、四環系抗うつ薬と新世代抗うつ薬の特徴

 

抗うつ薬が開発されてから、日本で使用されてきた薬は
古い順に、三環系抗うつ薬四環系抗うつ薬と呼ばれるもので
三環系よりも四環系というように、新しい薬ほど副作用が少なくなりました。

 

1980年代以降に、第3世代の抗うつ薬として「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」
「選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)」
が誕生してから、より副作用が少なく信頼できる薬として
世界的に使われています。

 

日本では、これらの抗うつ薬は1999年以降になって
やっと認可、導入されました。
それぞれの抗うつ薬について、詳しく解説してみましょう。

 

三環系抗うつ薬

化学構造が、三つのベンゼン環を持ち、脳内の神経伝達物質に
似ていることからついた名前です。
高い効果がありますが、欠点として口の渇きなどの強い副作用と
効果が現れるのが遅いというのがあります。

 

四環系抗うつ薬

ベンゼン環が四つあり、三環系よりも副作用が少ないとされています。
代表的なものは、マプロチリン、ミアンセリン、セチプリン(ともに一般名)です。

 

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

うつ病以外にも、パニック障害や摂食障害にも使われ、
セロトニンが神経細胞に再取り込みされるのをブロックし
セロトニンの働きを高めます。

 

SNRI(選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)

セロトニンとノルアドレナリンが神経細胞に過剰に再取り込みされるのを
ブロックし、セロトニンとノルアドレナリンの働きを高めます。
治療に用いられるときは、うつ症状の程度や種類、経過をはじめ
さまざまなことを考慮して処方されます。

 

主な抗うつ薬の種類一覧

 

分類 一般名 発売年
第1世代 三環系

イソプラミン
(トラフニール)

1959

第1世代 三環系

アミトリプチリン
(トリプタノール)

1961
第1世代 三環系

ノルトリプチリン
(ノリトレン)

1971
第2世代 三環系

クロミプラミン
(アナフラニール)

1973
第2世代 三環系

アモキサピン
(アモキサン)

1980
第2世代 三環系

ロフェプラミン
(アンプリット)

1981
第2世代 三環系

ドレスピン
(プロチアデン)

1985
第2世代 四環系

マプロチリン
(ルジオミール)

1981
第2世代 四環系

ミアンセリン
(テトラミド)

1983
第2世代 四環系

セチプチリン
(テシプール)

1989
第2世代 その他

トラゾドン
(レスリン・デジテル)

1991
第3世代 SSRI

フルボキサミン
(デプロメール・ルボックス)

1999
第3世代 SSRI

パロキセチン
(パキシル)

2000
第3世代 SNRI

ミルナシプラン
(トレドミン)

2000