抗うつ薬とは うつ克服

抗うつ薬とは|うつ克服法

脳内のモノアミン神経系に働きかける抗うつ薬は、うつ病克服に不可欠なため
抗うつ薬の正しい理解と、正しい服用が重要となります。

 

抗うつ薬だけに頼らずにうつを克服する方法はこちら

 

抗うつ薬はうつ病の仕組みと深く関係する

 

1950年代に抗うつ薬が開発され、多くの実験や研究によって
うつ病発症の原因は、脳内モノアミン神経系伝達物質の機能障害であることが
ほぼ明らかになりました。

 

抗うつ薬が効くメカニズムを知れば、自然とうつ病が起こるメカニズムも
理解でき、抗うつ薬に対する理解も深まります。

 

ここで再度復習しておきましょう。

 

神経細胞間の神経伝達を正常な状態に戻す

 

モノアミン神経系(セロトニン神経系、ノルアドレナリン神経系)は
シナプスと呼ばれる神経細胞同士の連結部を通して
神経から神経へ信号を送る神経伝達物質を放出しています。

 

セロトニンやノルアドレナリンは、うつ病に関係する神経伝達物質であり
これらは神経から神経へと信号を送るために放出されたあと
一部がもとの神経細胞に再び取り込まれてしまいます。

 

このとき、適量に再取り込みされると、安定した心の状態を保て、
過剰に取り込まれると、次の神経細胞に情報が伝わりにくくなり
おっくうに感じたり憂鬱になったりといった抑うつ症状が
起こるのです。

 

抗うつ薬は、セロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを
食い止め、神経細胞間でセロトニンやノルアドレナリンが
十分に伝達されるような働きをします。

 

抗うつ薬が開発される前と後では、うつ病治療のあり方は大きく変わり
抗うつ薬の効果は非常に期待できるといえます。

 

抗うつ薬が効くメカニズム

 

神経伝達物質の再取り込みによる伝達の低下で、抑うつ症状が起きる

 

[刺激(情報)]⇒神経伝達物質の再取り込み⇒神経伝達物質がニューロン間でうまく伝達されない

 

抗うつ薬により神経伝達物質の再取り込みが食い止められ、正常な伝達になる

 

[刺激(情報)]⇒抗うつ薬により再取り込みを阻害⇒伝達が正常化

 

※神経伝達物質

  • セロトニン
  • ノルアドレナリン

 

抗うつ薬だけに頼らずにうつを克服する方法はこちら