うつ克服

職場を休むときは上司や産業医ときちんと相談して|うつ克服法

働いている人は、主治医・会社の産業医・保健師などと
よく相談し、休暇手続きをとりましょう。
一定期間休職して、うつ病克服に打ち込むことが
回復のポイントです。

 

抗うつ薬だけに頼らずにうつを克服する方法はこちら

 

休職手続きをとって職場を休む

 

会社に勤めている場合は、一定期間の休職が必要です。
きちんとした手続きをして、回復するまで休職しましょう。

 

会社に産業医がいるなら、休職期間と合わせて復帰条件や方法なども
相談するとよいでしょう。
一般的に望ましいとされるのは、少しずつ負担をかけていく
リハビリ出社です。

 

休職に対する罪悪感をなくし、うつ病への理解を得るために
上司と産業医と本人の3人で話し合うことをおすすめします。
症状が重くて無理な場合は、家族が代理でもかまいません。

 

最終的に主治医に診断書を書いてもらい会社に申請し
休職となります。

 

会社に産業医がいないなら保健師や看護師に相談し
主治医と連絡を取ってもらいます。

 

 

休職せずに治療を受ける方法「ナイトホスピタル」

 

「ナイトホスピタル」は病院に入院し、必要に応じて
病院から仕事や用事に出かけ、用が済んだら病院に帰ってきて
休むというものです。

 

病気休暇が認められている会社員と違って
自営業や会社経営者などで、完全に仕事から離れるのが無理、
または家に事務所やお店があって十分な休養が取れない方に向いています。
希望するなら主治医に相談してみましょう。

 

ナイトホスピタルは入院設備を持つ精神科クリニックを中心に
増えています。
家庭や仕事から離れてうつ病克服に専念すること
規則正しい生活リズムを作ることが目的です。

 

休職の手続き

 

[話し合い]
産業医または保健師や看護師・本人・上司
本人がつらい場合は、家族が代理でもよい

うつ,克服,法,方法

休職届 ⇒ 会社
休養・治療

 

※どうしても仕事から手が離せないときは・・・

ナイトホスピタル
病院から出勤して、病院に戻る方法